ゆっこのつぶやき

はじめまして、ゆっこです。私目線で思うがままに綴ります。

今日も、ネカティブゆっこだ。

2017年10月25日

 

迷いから、一向に前に進まない私。

今朝も、おみくじを引いて何度も神様からの言葉を頂いて察知するのだが、

私が電話をかけようと思うと、『もういいや』という心が働く。

暫く違う事をしていると、また『かけようかな?』と思って受話器を持つのだが、やっぱり駄目だ。

そんな自分にイライラする。

 

幾度となく、こんな事を繰り返してチャンスを失っているのに、何故このような気持ちにさせるのか?

 

「ポジティブ」と「ネガティブ」

「プラス」と「マイナス」

 

常に、綱引き状態でいるわけだ。

どちらかが強くなると、それを戻そうとする力が働く。

だから、私の心の中で綱引き状態が続いているわけだ。

しかし、出来る事ならプラス思考でいたいし、

明るく前向きに行動したいわけだ。

そのために、常に努力をしているつもりなのだが、時々ネガティブモンスターが到来し、私を苦しめる。

きついなぁ~。

 

今朝、おみくじに綴られた神様の言葉だが、

最初、『おしろいを死ぬまで忘れるな。のどかに過ごせ』(※1)と。

この言葉を頂いても、イマイチ分からなかったので、もう一度おみくじを引いた。

すると『時には暴れても良い、やる気があればそれに勝るものはない』(※2)と。

この言葉を頂いて、私の心のもやもやが何となく解放された気がした。

要するに、何事に対しても揉めることを出来るだけ避けようとして、自分の意見を言わないまま過ごして、本来やりたいと思っている事が出来なくなっているのではないか?と、私なりの解釈なのだがそんな風に受け取った。(※2の解釈)

そして、もしぶつかり合う事があっても、自分らしく冷静に対応出来るようにしておくことが大事だと教えられた気がした。

要するに、身だしなみをきちんとして振り乱してはいけないと・・・。(※1の解釈)

 

私が、ケアストレスカウンセラーの資格を取った時に苦労したのは「アサーションスキル」だった。

相手の意見を尊重しすぎて、自分の意見を言えないままだんだん疲れてきていた事を思い出した。相手に合わせ過ぎるんだよね。

それが段々ストレス化されるってことも、私は解っている。

社会人になって、何度もこのストレス性による胃痛を起こしていたし、

もう、胃痛に関しては慢性病になっている。

この位なら大丈夫・・・みたいな感じで過ごしてる。

本来なら、相手の為に自分の意見を言った方が良い事もある。

特に、これから社会復帰をしたいと考えている私としては、これからの課題になりそうだ。

決して、喧嘩になるのではなく、意見交換としてお互いの気持ちを引き出すことが大事なんだよね。討論みたいな感じかな?

日本人は、このような事がどちらかと言うと苦手な人種だと思うんだ。

その点、アメリカ人とかはプレゼンテーションが上手だよね。

見習いたいところだ。

 

良し!一歩前に出るか?

モチベーションを上げるために頑張ってみるわ。

 

先程まで、ネット障害のためにこの文章が更新されずにいたのだが、今は出来そうだ。