ゆっこのつぶやき

はじめまして、ゆっこです。私目線で思うがままに綴ります。

期末テスト前

2017年10月13日

 

期末テスト前なので、放課後友達と一緒に勉強している次女。

教科担当がいる曜日に先生を呼んで必死に教えてもらっているみたい。

 

今日は、地理の先生に声をかけてワンツーマンで教えてもらったようだ。

クラスの中で地理を選択したのは、次女だけなのだ。

友達は、みんな世界史を選択したから一緒に勉強出来ないのである。

他のクラスの子で、地理を選択した子たちと一緒に授業を受けているらしいが、

『あまり授業に熱心ではないから孤独なのよ』と言っている次女。

「寂しいなぁ~」と思う事もあるようだが、歴史が苦手だから地理を選択したのよね。教科担当の先生が若いので、友達みたいな感覚らしい。

LINEもしているようだ。(次女だけが知っている)

成績も、地理に関してはトップなんだって。

だから、先生も『頑張ってよ』と言ってくれるみたい。(期待されているみたいだ)

 

次女は、良く職員室へお邪魔しては、先生たちと仲良くしているみたい。

そのお陰もあり、先生の方から『何かあったらすぐ来いよ』と言ってくれるらしい。

テスト前になると、休憩時間の度に職員室へ足を運んでは勉強を教えてもらい、

放課後も、教科担当の先生がいると分かったら側に行って勉強を教えてもらうみたい。

良い事だよね。

 

私は、そんな事が一切出来なかった。

疑問を残したまま試験を受けていた事がほとんどだった。

大人になって、娘たちの勉強を教えている中で「あぁ~そういう事だったのね」と、感じる事もあるわけだ。

 

つくづく、先生たちと仲良くしておけば良かったなぁ~と思うし、

もっと、勉強すれば良かったなぁ~と、あとで思うわけだ。

 

勉強は、出来る時にした方が良い。

大人になっても出来る時はある。

興味が出てきた時が、勉強するチャンスである。

 

私が、本気で勉強に力を入れるようになったのは大人になってからだろう。

大人になってからいろんな資格を取得したものね。

漢検3級を受けたり、簿記の2・3級を受けたり、ワープロ検定を受けたりして、少しずつ自分のものにした。

アストレスカウンセラーの資格も、長女の子育てで躓きを多く感じたから受けたものである。(人の心を少しでも理解したくて)

勉強ってそんなものよ。タイミングだと思うな。

 

次女は、『勉強に力が入らなくて困る~』とよく言うが、誰もが通る道なんじゃないかな?

「その状況からどうやって乗り越えるか?」が課題になるのだろう。

大人になってからも、苦手な事をしなければならない時が来るだろうから、普段からモチベーションを上げる練習をした方が良い。

私も、毎度苦労している事だ。

多分、一生続くであろう。

 

次女よ。定期テストを受けるのもあと少しだ。

頑張れ!

母ちゃん(私)は、常に応援してるからね。