ゆっこのつぶやき

はじめまして、ゆっこです。私目線で思うがままに綴ります。

秋の雲

2017年8月31日

 

少しずつ、秋らしい雰囲気になってきた今日この頃。

空を見上げると、秋の雲に変わっているのに気づく。

少し前までは入道雲が出ていたりして、『今日も暑くなりそうだな』と独り言を呟き、

その雲を見ているだけでジリジリと暑さを感じていたが、

不思議なもので、秋の雲を見たとたん涼しげに思える。

 

今朝は、洗濯物を干す時に空を見ると、

すじ雲を始め、うろこ雲~ひつじ雲に変化して行くのを見て楽しんでいた。

時間を気にせず、ゆっくりと流れていく雲の動きを見ていると何故か落ち着く。

 

娘たちも、『秋の雲に変ってきたね』と、空を見ながら言っていた。

 

蝉の鳴き声も聞こえなくなり、その代わりにコオロギの鳴き声が聞こえるようになってきたね。

 

日中は暑くても、秋は刻々と近づいている証拠だな。

 

今日で、次女の夏休みも終わる。

今までは、クラブ活動で朝からバタバタしていたけれど、

引退してからのんびりとしている分、何だか長く感じたな。

次女自身も『今年の夏休みは長かった~』と。

多分、時間に追われていなかったせいだろう。

宿題として出されていた「人権作文」も仕上げて、明日からは合宿のためにこれから準備をするようだ。

クラブを引退しているのにも関わらず、『高校生最後の思い出として合宿に参加するか?』と、顧問から声をかけて頂いたので、喜んで参加することになったのだ。

次女的には、「思い出旅行」って感じみたいだ。

ある意味、選手たちが大会で活躍しているからこのように参加出来るわけなので、

次女曰く『みんなに感謝しないと駄目よね。普通なら参加出来ない事だもの』と。

その通りである。

明日から3日間、選手の支え(マネージャー)として、最後の応援をして欲しいと思う。

きっと、良い思い出になるだろう。

 

秋の雲を見ながら、秋の雰囲気を感じながら、9月を迎えようではないか。