ゆっこのつぶやき

はじめまして、ゆっこです。私目線で思うがままに綴ります。

玄米ご飯を炊く

2017年8月21日

 

時々、我が家では玄米ご飯を炊く。

主人が玄米を買ってくるんだよね。

そして、『玄米ご飯炊いてくれ』と言ってくる。

結構面倒ではあるが、いろんな方法で試した結果、我が家では圧力鍋で炊いた玄米ご飯が美味しいという結論になった。

 

昨夜、玄米ご飯を炊いた。

 

食べたい時間に合わせて玄米を3合分浸水させる。

主人曰く『12時間くらいつけておくのがベストだ』と言うので、それに合わせて用意しておく。

圧力鍋だと、圧力がかかってから20分くらい弱火で炊きあがり、そのあと蒸らしの時間を10分間取る。

それから、圧力を抜いて寿司桶に玄米ご飯を移し替えて、余分な水分を吸い取ってもらうと良い感じになっている。

どうしても、圧力鍋で炊くと水分が逃げないので、仕上がりがベチャっとするのよ。

最初、『これ、大丈夫?』と心配するくらい柔らかいご飯になってるの。

でも、この寿司桶に移し替えることで解消されたわけだ。

炊く前に、自然塩を小さじ1杯入れてから炊くようにしている。

 

普段、あまりご飯を口にしない主人だが、玄米ご飯にすると2~3杯くらいおかわりをする。

『玄米と味噌汁と野菜があれば充分だ』と言って、一人で満足しているのだ。

 

主人と結婚した事で、私は色んな料理を作るようになった。

健康に気を遣っているので、以前ここのブログでも綴っているので読んでもらうと分かるが、とにかく食材選びからうるさい人なのだ。

そのお陰で、私たちの健康も保てているとは思うけど、結構大変よ。

 

玄米ご飯を炊くことも覚えたが、あとは食パン作りの方も大変なのよ。

ここでも、食材選びからチェックが入るからね。

一度『ごちゃごちゃ言うんだったら、自分でしたら?』と言ったことがあり、

主人が台所に立ってした事もあったんだけど、

とにかく片付けが下手な人なので、その事によって私の方がストレスが溜まりお手上げ状態になったのだ。

それ以降、私がする羽目になったってわけだ。

今では、楽しめるようにはなったけどね。

 

何事も修業だね。

そう思っているゆっこである。

(「そう言い聞かせている」と言った方が正しいかもね・・・笑)

 

今日も、昨日炊いた玄米ご飯があるので、ちょっと拝借しようかな?

味は最高に美味しいからね。(自画自賛