ゆっこのつぶやき

はじめまして、ゆっこです。私目線で思うがままに綴ります。

長女、太極拳の体験をする

2017年7月19日

 

昨日、長女は、とある大学で「太極拳」を教えているところがあったので足を運んだようだ。

初体験だ。

 

お姑さんが、以前健康維持のために通っていた場所である。

(今は、違う教室へ通っているのだが)

 

長女の事を心配している我が家であるが、お姑さんが積極的に活動をする人なので、

長女の様子を見ながらあちこち連れて行くことが多いのだ。

 

先日から『●●ちゃん(長女)を連れて「太極拳」をさせたいんやけど、良いかな?』という相談を受けていた。

私は『良いんじゃないですか?激しい動きもしないし、気分転換になれば良いと思いますので是非連れて行って下さい』とお願いしていた。

 

相変わらず食欲がない長女であるが、行く前にスイカを少しつまんで出かけたようだ。

 

太極拳」の体験について長女に話を聞いたら、『良かったよ』と。

おやつも頂いたらしい。(パウンドケーキを一切れ頂いたとのこと)

周りは、おじいちゃん、おばあちゃんの集まりだったようだけど、

ゆっくりペースで行動する長女には向いていたのかもしれない。

 

小さい頃、主人と一緒に「太極拳」を良くしていた。

子供用のチャイナな服を着てしていたな。
当時、うちの主人は仕事の関係で上海や台湾へ行くことが多く、そこでチャイナ服を買ったりしていた。

言葉の方も、北京語はペラペラなので、現地では北京語で交流していたようだ。

台湾語は少し分かると言っていたが、独特らしい。

実は、うちの主人、「太極拳」を教えることが出来るくらいの腕前なのだ。

(資格を持っている)

しかし、『人に教える』という行為が苦手な人なので、運動がてらに娘たちと一緒にしていたのを思い出した。

その感覚が残っていたのかもしれないな。

 

長女に『来週もあるみたいだけど通ってみる?』と聞いたら、『良いね』との事。

 

身体を動かして、程よい運動をすれば食欲も沸くのではないか?と少し期待をしている。

 

夏休みになれば、学生さんも来られるということだ。

人との交流が出来るようになり、少しでも前を向いて歩いてくれたら嬉しいな。