ゆっこのつぶやき

はじめまして、ゆっこです。私目線で思うがままに綴ります。

三者面談、無事終わる

2017年7月19日

 

昨日、次女の三者面談だった。

ドキドキハラハラしながら学校へ。

 

次女と『目標5分』と言いながら三者面談を受けたら、本当に5分で終わった。

というのは、生徒によっては長い時間かかる場合もある。

そんな調子が続いていたのだろうか?時間が押し迫っているということで早々と話を進めて終わった感じだ。

 

明日、1学期の終業式を迎える。

その後、次女は学校へ毎日足を運ぶことになった。

8月5日までにAO入試を受けるのか?指定校推薦をもらうのか?

その辺で、担任と話し合いをすることになったのだ。

次女が気になる大学や、専門学校の指定校推薦があるのかどうかも知りたいわけで、

次女が提示しないと学校側は教えてくれない。

大概、1校につき1~2人しか枠がない。

次女より成績の良い子が『●●学校の推薦を欲しい』と言われたらやはり厳しくなる。

 

とにかく煮詰めて、煮詰めて・・・しっかりと判断した上で報告したいところだ。

 

次女としては、色々と考えた末「専門学校へ行って手に職をつけた方が良いだろう」と思うようになってきた。

以前から、主人も私もそのように話をしてきたのだが、『2年間は短い、もっと学生生活をenjoyしたい』と言っていた。

「社会人になるまでの時間が欲しい」というわけだ。

学校側も、専門学校よりは大学の進学を推しているので(進学校ということで実績を残したい)なかなか専門学校についての話にはならなかった。

けれど、進路について次女なりに調べて行くうちに方向性が変わってきたようだ。

 

私としては、次女が納得した上で進路を決めてくれたらそれで良い。

学費を払えるだけのお金を用意するだけだからね。

(それが一番苦労するんだけど)

 

今年中に決まって欲しいと思う。

来年まで持ち越したくない。

家族で願っていることだ。