ゆっこのつぶやき

はじめまして、ゆっこです。私目線で思うがままに綴ります。

球技大会、お疲れ

2017年7月6日

 

昨日、期末テストが終わってホッとした次女。

今日は、球技大会のため少し早めに家を出た。

グループに分かれて行われるのだが、このグループに分かれるのにゴチャゴチャがあったようだ。

 

次女が通っている学校は、男子生徒が多い。

クラスの中で、女子はたったの13名。

その中でグループ分けをするのだが、最初球技の得意な子が集まるグループに入っていたそうだ。

残された生徒のグループは、次女曰くあまり得意でない子ばかりの集まりになったらしく、担任から『おまえは、こっちへ行け!』と言われたようで、しぶしぶ入ったそうだ。

(割と出来る方なので)

次女なりに、何とかこのグループを盛り上げようと必死だったようで(責任感が強い)、リーダーとして任された次女は、グループの子たちの心理などもある程度分かるようになってきたので、とにかく気負けしない様に声かけをすることにしたようだ。

グループの子たちにも『声を出そう』と言っていたみたい。

それが吉と出たようで、いつも以上に力を発揮することが出来たとの事。

担任も喜んでくれたようだ。

『正直、初戦で敗退すると思ってたけど、お前のおかげで良いところまでいった。ありがとうな』と言われて、「貢献出来たなぁ~」と、心の中で思ったらしい。

結果は、3位だったそうだ。(8クラスある中で)

 

次女に『どんな作戦でグループを盛り上げたの?』と聞いたら、

『とにかく、相手にプレッシャーをかけることだと思って、相手チームに対して「うちらは絶対に勝つ。負ける気がしない」』と言い続けたようだ。

そのあとに『実力的には、相手チームの方が上だったと思うけど、精神的にはうちらのチームの方が強かったった事よね。ここは、心理作戦よ』と言うからおかしくなった。

 

スポーツというのは、実力も大事だが、精神的な強さも大事だという事を身をもって感じたという次女。

陸上部のマネージャーとして、選手たちと向き合ってサポートしてきた子だ。

3年間の間に学んだのだろう。

 

今、大学へ行きたいために勉強をしているわけだが、スポーツ関係の学校へ行きたいという。

『自分がスポーツをするのではなく、サポート役として貢献したい』と言い出した。

そのような学校を探すのに必死だ。

最近は、ネットで調べて、気になる大学があれば次第資料を請求して送ってもらっている。

これからは、オープンキャンパスへ足を運ぶのに忙しくなりそうだ。

 

明日から3日間学校は休みになる。

テスト勉強や球技大会疲れてているだろうから、ゆっくりくつろいで欲しいと思う。

 

『お疲れさま』