ゆっこのつぶやき

はじめまして、ゆっこです。私目線で思うがままに綴ります。

手作りふりかけ

2017年7月5日

 

実は、冷凍庫に「乾燥うるめいわし」がずっと入ったままだ。

 

基本、そのまま軽く焼いて丸かぶりしたら良いのだろうけれど、

私以外は、『塩分がきつくて食べられない』と言って人気がないんだ。

なのに、お姑さんが良く買ってくるのだ。

 

『どうしようかな?そろそろ食べきらないとマズイよね~』

と、独り言を言っていたら、

長女がそれを聞いていたようで、『ふりかけにしたら良いんじゃないの?』と。

思わず『いいね~。早速してみようかな?』と言うと、

『上手くいったら毎食白ご飯にかけて食べるわ』と言う長女。

 

ミルサーを出してきて、「丸干し」を包丁で荒く刻んで入れた。

そしてスイッチオン。

 

どんどん良い感じで粉砕されていく。

ふりかけらしくなってきた。

 

ボウルに取り出して、味見をした。

『美味い』

 

早速長女に味見をしてもらった。

『おぉ~、良いね~。これはふりかけに最高だわ』と。

これだけでは物足りないので、白いりごまを入れて混ぜた。

そして、もう一度味見をした。

『美味い。さっきより香ばしく感じる。多分ごまの加減かな?』と言うと、

長女が『どれどれ』と言って味見をする。

『さっきより良いね~。これだったら白ご飯とこのふりかけで充分満足出るわ』と。

 

 まだ、帰宅していない次女にも食べてもらって、その反応が知りたいな。

 

一番食べて欲しいお舅さんに味見をお願いした。

魚が大嫌いなお舅さん。

とにかく匂いが駄目なのだ。

臭覚がすごく発達しているのか?(あんたは犬か?)とにかく敏感だ。

ここをクリアすれば、堂々と食卓に出せるってわけだ。

 

『お義父さん、今、●●ちゃん(長女)のリクエストでふりかけを作ってみたんだけど味見してくれる?』と言うと、『どれどれ』と言って口にした。

『美味いやん。これは良いわ』と大絶賛。

 

お墨付きをいただいたので、今日から我が家の食卓に登場だ。