ゆっこのつぶやき

はじめまして、ゆっこです。私目線で思うがままに綴ります。

確認してから伝える

2017年6月28日

 

ー今朝、7月以降のシフト表を見て、私の名前が無いことを確認ー

 

毎週水曜日と金曜日にペアになって仕事をする人が居る。

初出勤の時から1年2ヶ月働いてきて、一番多く接した人なんじゃないかな?

 

お話が上手で、情報通で・・・一緒に仕事をしていて楽しかったな。

時々、話が盛り上がってしまい、店長や料理長に『ペチャクチャ喋るな!』って叱られた事を思い出す。

今では懐かしい思い出だ。

 

仕事に対しては厳しい人だったと思う。

(良い意味でね→「この位なら大丈夫だろう」という心を持たせないようにしてくれた=※「ハインリッヒの法則」を意識するようになる)

※ この法則を知りたい人は調べてみてね。

主に、食器や調理器具を洗っていくのだが、ちょっとでも汚れが見つかったら『やり直し』と言って返されたっけ。

食器を洗うのに、家だったらスポンジを使うが、ここではご飯を炊く時に使うネットを使って洗うわけだ。

要するに、ご飯を炊く時に使うネットが汚れなどで使えなくなったのを再利用してスポンジ代わりにするわけだ。

そのネットを使って洗う事に慣れていないから、きちんと洗ったつもりでもワカメがついていたり、汚れが取れていなかったりして、思うように進まなかった。

ネットを使って洗うとどうしても汚れが取れていない気がするので、ネットを使わずに洗っていると怒られた。

『ちゃんとネットを使って洗って』と。

お鍋などの汚れや焦げなどを落とす時は、ナイロンパットを使って洗うように指示された。

お盆一つにしても、チェックが厳しかった。

 

そのお陰で、我が家でも食器洗いは今まで以上に、汚れの付き具合でスポンジとナイロンパットを使い分けるようになったな。

主人にも『極まってきたな。良い事・良い事』って言いながら笑っていた。

 

あとは、『要領よく・段取り良く・・・』と言われたっけ。

 

未だに、その点に関しては上手くいかないなぁ~と感じる。

実は、木曜日にボランティアとして入っているうどん屋さんでも同じ事を言われた。

それ+『テンポよく』って。

 

思うように動かない自分を責めながら必死で頑張っていたが、

やはり仕事として認めてもらうまでは時間がかかったように思う。

出来具合が良い時は『良い感じ』って、必ず褒めて下さった。

この言葉を聞きたくて、私なりにモチベーションを上げていたように思う。

 

あとは、食器洗いだけでは無く、調理補助もしていた。

私が仕事をしていて、未だに納得いかないのが「水菜」を洗う事。

時間はかかるし、揃っていないし・・・。

毎度格闘していた。

実は、今日も「水菜」を洗っていた。

やっぱり駄目だ。

苦手だから・・・といって逃げるのは良くないと思って、出来るだけ積極的に引き受けてしていたものの、「逆にご迷惑かな?」と思う事も多々あった。

ただただ、申し訳ないというしかない。

最後の最後まで極める事が出来なかったな(涙)

 

色んな事を思い出しながら、今日も仕事をした。

 

仕事を終えて、■■さんに近づいて『実は、ブログを立ち上げたのですよ』と言ってメモを渡した。

そして『6月30日でここの職場を退職するので』と伝えると、

『うん。聞いてるよ』と。

 

それから、しばらく話をした。

退職する理由も、今まで言えなかった理由も、ここのブログで綴っている事を伝えた。

話の最後に、『落ち着いたら戻っといで』って言われた。

 

金曜日(6月30日)で、■■さんと一緒に仕事ができるのも最後になる。

楽しく、そして良い雰囲気で締めくくりたい。