ゆっこのつぶやき

はじめまして、ゆっこです。私目線で思うがままに綴ります。

今日の夢

2019年9月15日

 

時々、神様の夢を見る。

母親が他界してから見るようになった。

 

今日も見た。

 

メッセージを頂いた。

 

『神様は、遠くにありて近くに住む。自分の中の鳥居に拝め』

『大いなる心に宿る大神霊。あまりくよくよ迷うな、悩むな』

 

以前も、このようなメッセージを頂いた夢を見た。

 

今の私は、(本気で)祈ることや度胸というものに欠けているのかもしれない。

 

気付かせてくれて有難う。

反響があったので

2019年9月14日

 

昨日取り上げたブログ内容のせいなのか?アクセス数が・・・

 

みんな好きだねぇ~。

スピリチュアル系の話や神道系の話・・・

 

その事を凄く感じた。

 

普段一生懸命頑張っていても、思うように進まなかったりすると最終的に頼るのがこの場所である。

 

占いなんかも好きだよね~。

 

私の場合は、おみくじが多いかな?

一寸、普段使わないような言葉の言い回しを読みながら、奥の部分を読み取る練習をする。

和歌で詠まれているものも多いしね。

 

昨日、友達からも電話があった。

『ゆっこちゃん~、ブログ見たよ~。イイネ~』って。

ここにコメントを入れる友達はいないのだが、良い内容であるときはこのように電話をくれる。或いはメールで感想を述べてくれる。

『そう?有難う。なかなか普段気付かなかったり、自分の考えと反比例して違和感を感じるときにヒントを得るために勉強することはあるのよ』と言うと、『そうなんだね~。昔からゆっこちゃんはそんなところがあるよね。自分の感覚と違うところがあっても一旦は受け入れて、そこからじっくり考えて「やっぱりそれは違うよね?」と思ったときに反論するよね』って。

『そうなのよ。これで失敗したことがあったから慌てないようにはしているよ』と言うと、『私もそそっかしいからつい反射的に「それどういうことよ?」って喧嘩を売ってしまうことがあるんだけど、止めないといけないね~。勉強になったわ。有難う』と言って電話を切った。

 

こうやって反応を知ると嬉しいものがある。

 

今朝も、あちこちのブログへお邪魔した。

心にストンと落ちる言葉がたくさんあった。

そして、自分が出来ていない内容もたくさんあった。

これからだね。

頑張るわ。

 

私が個人的に好きなのは、心屋仁之助さんのブログ。

ここで何度も綴っているように思う。

そのお弟子さん達のブログをリンクして拝読する。

今日もたくさん刺激を貰った。

又、よく似た類いのブログも拝読した。

その中で、私のブログに反応して下さった人がいた。

その人のブログに「イイネ!」をつけた。

 

ブログの繋がりって凄~い。

500記事、突破~

2019年9月13日

 

気がついたら、500記事投稿していた。

ビックリ~。

 

500記事を記念して、今日は色んな方のブログを読みながら感じたことを綴っておこう。

 

『集まっては離れ、又集結する。人の世の常なり』

『日々の生活修業は受け取り方の修業である』

『自分の身の周りこそ全ての解答があり、全ての指針がある』

『修業というものは、何より心の工夫を持って第一とする。すべからく己の心と闘うべし』

『努力して、ただ出来るものと思うなよ。人間とは勝手なもので、自分が努力した分だけ進歩するものだと思っている。そうではない。誠がいる。愛がいる。工夫がいる』

『自分の気持ちは、自分でしか始末できないもの。その気持ちを常に最高度に保つ工夫が必要で、幸福というのはそのようにして得られるものなり。幸福は常に創り上げなければすぐ色あせるものなり』

『一番大切なものを無くさないようにしなさい。人一人ずつ個性が違う。つまり物事の感じ方が違うのだ。自分の場合に当てはめて人を批判してはならない』

『いかなる困難も、良く人の意見を聞いて先に進まなければならない。進展が試されるなり』

『天地(あめつち)の理法に合わせて商売すれば、この世の中で行き詰まる会社は一つも無い。会社として、社会のため、人のためにお役に立つ心を忘れてはならない』

『経営のけじめとして、どんな事をすれば儲かるか否かと言って、道に外れたことをして儲けてはならない。又、どんなに苦労が多くても世のため人のためにやらなければいけないことがある。この2点をしっかり心に留めておくべきである』

『争いは、自己に囚われすぎる心である。相手の立場を理解するゆとりを持たない。これが争いを生む心である』

『人の過ちを黙って許すとき、心は嬉しさに充たされる』

『どんなに糧を持っても、消化が大切である。心の糧も消化がいる。聖者の教えを知るだけでは単なる物識り(ものしり)に過ぎない。頭の良い人より心の豊かな人でありなさい』 etc・・・

 

今日は、色んなメッセージを頂いた。

スピリチュアル系のブログや、心理カウンセラーのブログ、神道のブログや、先日参加した神事などで教えられた言葉を備忘録として載せておこうかと思う。

 

つい、忘れがちである。

 

継続するって難しい。

 

自分が躓いたときに思いだす材料になれば良いなぁ~と思う。

自分が悩んでいるときや迷いが生じているときは、どちらかに偏っている。

宇宙の法則により、中心に持って行くようにしなければバランスを崩す。

確かにそうだ。

食べ物でも、酸性に偏ったりアルカリ性に偏ったりすると良くない。

そんなことすら忘れているわけだからね。

やじろべえが良い例である。

ちょいと冷える

2019年9月13日

 

今日は、朝から天気が悪い。

いや、夜中から雷が鳴ったり雨が降ったりしていた。

部屋を閉め切っていたから暑かった。

扇風機をかけて、タイマーにして就寝したのだが、タイマーが切れるごとに目が覚める。

なので、寝不足だ。

 

そこから、動いているときは一寸汗ばむのだが、じっとしていると冷える。

長女は『寒い』と言って薄手のセーターを取り出して着ている。

 

季節の変わり目、気温の差も激しいので、体調を崩されている方も多いみたいで、私のブログ仲間も『風邪気味だわ~。明日から娘が帰省するのに・・・』とぼやいていた。

そうそう、今、インフルエンザも流行しているようだ。

我が家の近辺では聞いていないが、今、我が家の修繕工事で色んな方が来られる。

本当なら昨日来て貰おうかと思っていた人が、月曜日から高熱が出て検査をして『インフルエンザでは無い』と言うが、そんな菌を我が家に持ち込まれたら困るので先送りにして貰った。

本格的に始めるのが10月頃だという。

それまでに、応急処置をして貰いたいところがあった。

水漏れがするのである。

多分、クーラーの防水が溝に伝って流れるようにしているのだが、溝の防水が駄目になっているのでは無いか?と思うのだ。

クーラーをつける度に、雨漏りのような感じで押し入れの天袋とか部屋の端っこに水が「ポチョン」と落ちるのである。

押し入れの天袋が駄目だと気付いたのは、9月に入ってからのこと。

夏布団をそろそろ片付けて、冬布団を出そうかと思っていたのである。

その時に、天袋に入っていた敷布とか布団カバーなどがシミになっていて、触るとベタッとするのだ。

「おかしい」と思って、天袋に入っているものを全て取りだし、片っ端からチェックを入れると一ヶ所天井部分がシミになっているのを発見。

その部分に手を触れると濡れているのである。

『これだ~』と思って、ベニヤ板を外してみると「ポチョン」と水が落ちてきた。

お姑さんに『ここが原因だわ』と言うと『偉いこっちゃ~』って。

なので、敷布とか布団カバーを全て処分した。仕方が無い。

まぁ~、被害はそれだけで済んだから良しとしたい。

 

本当に、我が家も修繕費で大変な出費だ。

何とか脱出したいね。

 

今日みたいな気温だったら、クーラーをつける必要は無い。

水漏れを阻止するためにも、どうか暑くなりませんように・・・。

知らない電話番号

2019年9月13日

 

ここ数日、知らない電話番号がディスプレイに出ている。

勿論知らないから出ない。

出る必要も無い。

もし、要件があるなら留守電でも入れるだろうしね。

ただし、固定電話に限る。

携帯電話は、留守電機能をつけていないのである。必要ないからね。

この電話番号も、電話帳に載っていない。登録していない。

診療所さえ、電話登録していなんだからさ。

(診療所と、我が家の電話番号は全く違う)

お舅さんが居るときは登録していたし、広告も載せていた。

主人の代になってから一切止めた。

 

今日も、電話が入った。

先程、ネットで知らない電話番号を入れて検索したが、事業主では無いようだ。

個人的にかけているのだろう。

 

基本、電話に出ない。

特に、携帯電話に関しては電話に出ることを想定していない。

メールを主に使っているからだ。

 

フリーダイヤルも良く入る。

 

いつも、派遣会社の方かな?と思って、電話番号を見て確認するが違うんだよね。

今日なんか、電話番号検索すると○○県、△△村だよ。ビックリだよね~。

あり得ない。

 

登録している所だけ、私の時間のあるときしか出ない。

それでいいのだ。

自由なのである。

みんなから祝福

2019年9月12日

 

昨日、20歳を迎えた次女は、学校でも祝福ムードに包まれたという。

クラスの子達からプレゼントを貰ったり、『おめでとう』と声を掛けてくれたりして良い気分だったそうだ。

 

今の子達って、男子でも手作りケーキを用意してくれるんだぁ~と思ってビックリした。

『あんまり時間が無かったからこんな物しか作れなかったけど・・・』と言って、パウンドケーキを貰って食べたらしいが、とても美味しかったとのこと。

一人では食べきれないので、側にいる子達と少しずつ食べながら『凄いね~。美味しいわ。有難う』と伝えたそうだ。

そして、次女が『今度お返しになんか作るわ~』と言うと、『楽しみにしているわ』って。

 

男女関係なく交流できるなんて羨ましい。

私の時代だと、男女の区別というものが結構きつくあったように思う。

一寸でも、私が男子と話をしていたら冷やかされていた。

そして、『あの子の事好きなんか?』と言ってくる。

ただ単に話をしているだけでこのようなことを言われていたので、なかなか話が出来なかった環境にあった。

なので、今の子達は全く分け隔て無く会話が出来て、遊びにも行ける。

次女なんか、『男子と会話している方が楽や。気を遣わなくて良いし~』という。

女子は、変に気を遣うらしい。面倒くさいとも言っている。

男子の中に女子1人が混じっているという光景も普通のようである。

時々、次女は欅坂の握手会や乃木坂の握手会へ行くけれど、次女だけが女の子で、あとはみんな男の子である。

早朝にある握手会などがあると、前日からカラオケボックスで歌いまくってから現地へ行くことも有り、そこで寝たりもする。平気なんだよね。

 

色んな子達から食べ物を貰ったようで、今朝も『どれから食べよう~』と言いながら朝食代わりに食べていたケーキ達。

『甘いものばかり続くのも嫌だなぁ~』と言うので、『心配しなくても食べる人はいくらでもいるよ(家族)』と言うと『それは駄目。食べた感想を言わなくてはならないからね』と言って笑っていた。

 

そうそう、私があげた財布を早速写真に撮って、LINEやインスタグラムに上げていた。

気に入ってくれたようで良かったわ~。