ゆっこのつぶやき

はじめまして、ゆっこです。私目線で思うがままに綴ります。

玄米ご飯を炊く

2017年8月21日

 

時々、我が家では玄米ご飯を炊く。

主人が玄米を買ってくるんだよね。

そして、『玄米ご飯炊いてくれ』と言ってくる。

結構面倒ではあるが、いろんな方法で試した結果、我が家では圧力鍋で炊いた玄米ご飯が美味しいという結論になった。

 

昨夜、玄米ご飯を炊いた。

 

食べたい時間に合わせて玄米を3合分浸水させる。

主人曰く『12時間くらいつけておくのがベストだ』と言うので、それに合わせて用意しておく。

圧力鍋だと、圧力がかかってから20分くらい弱火で炊きあがり、そのあと蒸らしの時間を10分間取る。

それから、圧力を抜いて寿司桶に玄米ご飯を移し替えて、余分な水分を吸い取ってもらうと良い感じになっている。

どうしても、圧力鍋で炊くと水分が逃げないので、仕上がりがベチャっとするのよ。

最初、『これ、大丈夫?』と心配するくらい柔らかいご飯になってるの。

でも、この寿司桶に移し替えることで解消されたわけだ。

炊く前に、自然塩を小さじ1杯入れてから炊くようにしている。

 

普段、あまりご飯を口にしない主人だが、玄米ご飯にすると2~3杯くらいおかわりをする。

『玄米と味噌汁と野菜があれば充分だ』と言って、一人で満足しているのだ。

 

主人と結婚した事で、私は色んな料理を作るようになった。

健康に気を遣っているので、以前ここのブログでも綴っているので読んでもらうと分かるが、とにかく食材選びからうるさい人なのだ。

そのお陰で、私たちの健康も保てているとは思うけど、結構大変よ。

 

玄米ご飯を炊くことも覚えたが、あとは食パン作りの方も大変なのよ。

ここでも、食材選びからチェックが入るからね。

一度『ごちゃごちゃ言うんだったら、自分でしたら?』と言ったことがあり、

主人が台所に立ってした事もあったんだけど、

とにかく片付けが下手な人なので、その事によって私の方がストレスが溜まりお手上げ状態になったのだ。

それ以降、私がする羽目になったってわけだ。

今では、楽しめるようにはなったけどね。

 

何事も修業だね。

そう思っているゆっこである。

(「そう言い聞かせている」と言った方が正しいかもね・・・笑)

 

今日も、昨日炊いた玄米ご飯があるので、ちょっと拝借しようかな?

味は最高に美味しいからね。(自画自賛

道中

2017年8月21日

 

実家へ戻る時、必ずCDウォークマンを持参する。

今どき、CDウォークマンを持参する人ってどのくらい居る?

 

私の携帯はガラケーで、スマホを使っている人だったらダウンロードして曲を聞いたりすると思うが、そんなことをしない分、長い間愛用しているCDウォークマンを使って、道中私のお伴をしてくれている。

良い時間が流れるんだよね。

 

CD選びはその日の気分によるのだが、昨日は「嵐」のCDを持参してテンションをあげていた。

私の好きな「嵐」のCDである『嵐5×10All the BEST! 1999-2009』を聞きながら実家に向かった。

色んな曲が入っている中で、一番好きな曲はやはり『5×10』だ。

「嵐」が結成されてから10年間の思いが詰まった曲だなぁ~と思って聞いているから、何度聞いても道中で泣きそうになるんだよね。

『ヤバいなぁ~』と思いながらも聞き入ってしまう。

誰もいなかったら遠慮なく泣いているんだろうなぁ~って。

あとは、みんな多分耳にしていると思うけど『Happiness』が好き。

気持ちが明るくなれる。聞いていてHappyになれるもの。

私自身の気持ちが落ちている時に、この曲を聞くと気持ちがUPされる。

有難い曲だね。

 

私は、「嵐」の翔君(櫻井翔君)が好き。

次女は、ニノさん(二宮和也君)が好き。

『機会があったら「嵐」のコンサートに行きたいね~』という話をしているが、

なかなか行けるもんじゃないね。まず抽選で当たらないもん。無理無理・・・

だから、Mステ(ミュージックステーション)で我慢しているわけだ。

『家だったらどんな格好をしていても気を遣わなくて良いしね』と、負け惜しみを言いながら次女と見ている事が多いわ。

 

1999年と言えば、次女が生まれた年である。

しかも、次女は9月11日生まれ。

「嵐」の結成は9月15日だと言われている。

「嵐」と平行線で次女も育っているって事だね(笑)

 

多分、これからも「嵐」のファンでいるだろう。

道中のお伴に宜しくね。

実家へ

2017年8月20日

 

今朝、盂蘭盆施餓鬼会の為に実家へ足を運んだ私。

約束していた時間ギリギリに着いた。

 

早く家を出たのにも関わらず、最寄りの駅からバスに乗って実家に向かうのだが、

バスは時刻どおりに来ないし、乗ったところで、信号の度に停車する状態だ。

何度も携帯電話を取り出しては、時間を見てヒヤヒヤしていた。

約束の時間に遅らせると、盂蘭盆施餓鬼会の予約時間に合わない。

 

実家に着く前になると、必ず吠える犬がいる。

私が来た事を知らせてくれる犬だ。

隣の犬なのだが、なかなかお利口さんで可愛いのだ。

その鳴き声を聞いた父親が玄関で迎えてくれた。

『遅かったな。コーヒーを飲む時間が無いね』と言いながら車を出してお寺さんまで向かった。

予約していた時間の15分前にお寺に着いて良かった。

 

ここのお寺は小さいので、4部に分かれて行われる。

時間帯があるのだが、我が家はいつも11時にお願いしている。

50人くらい入るとパンパンになる。

座る余地が無いわけだ。

 

大体、1時間弱で終わる。

 

盂蘭盆施餓鬼会の場合は、「しきみ」という葉っぱを水につけて、お塔婆にかける。

これがお清めになる。

そのあとに焼香をあげて手を合わせる。

お塔婆に母親の戒名を書いてもらい立ててもらう。

それぞれの家庭によって、先祖代々・・・と書かれていたり、個人名が書かれていたりする。

奉納する額によって、お塔婆の高さも違う。

父親は、毎年5000円を奉納しているので、立派なお塔婆である。

母親の事が大好きだったから、せめて・・・という気持ちがあるのだろう。

まぁ~、仲の良い夫婦だったからね。

そのお塔婆だが、「善を積む」事に繋がるらしく、故人の冥福に繋がるとともに、自分自身の功徳を積む行いにもなるそうだ。

 

盂蘭盆施餓鬼会というのは、餓鬼道に落ちた者に飲食を供養するための行事だといわれている。

もし、御先祖様にそのような人がいたら、生きている私たちが少しでも御先祖様を救うことで喜んでもらえたら、こちらも嬉しいしね。

どんな罪を犯したのか分からないが、繋がりがある限り出来るだけ供養をしてあげた方が良いよね。

 

今まで、そんなことを全く意識したことが無かったけれど、

母親が他界したことによって知ることが多くなった。

父親も、今まで意識したことが無かっただろう。

父親次男なので後継ぎという事もないからね。ほとんど関わりが無かったな。

だから、母親が亡くなった時に仏壇も新しいものを用意して、

お墓の方は、生前から『永代供養にしてくれ。お墓を守るのは大変じゃけん』と言っていたから、その通りにさせてもらったよ。

私も、弟も気が楽になったもの。

思わず『助かる~』って言ったものね。

お墓を守るのは大変よ。

弟が結婚していたら話は別だろうけれど、多分生涯独身だろうと思うので、

先々後継ぎがいなくなる事を考えて、永代供養を希望していたんじゃないかな?

母親の事だから、弟に気を遣っていたように思う。(不思議と一目置いていた)

その代わりに、お墓が無い分、このような行事には積極的に足を運ぶようにしているのだ。

 

盂蘭盆施餓鬼会が終わってから、父親と外食をした。

そのあと、『ゆっこちゃんも、もうすぐ誕生日じゃけん、なんか欲しいものがあれば買ってあげるけん』と言われて、割と大きなお店に連れて行ってくれた。

我が家の近辺で言うなら「イオン」くらいの大きさかな?

何でもそろっていた。

そこで、夏服が安売り(今は秋物が出てるからね)していて、本来の値段より半額の値段だったチュニックを手に取った。

年金生活をしている父親に負担をかけたくないという気持ちで遠慮していたら、

『もっと買って良いけん。遠慮はいらん』と言われた。

完全に、私の気持ちを読まれている。

なので、Tシャツを1枚買わせてもらった。

(遠慮しすぎるのも悪いかな?と思って)

たまたま、入ったお店がブランド物を扱っていることが分かったから、とにかく値札を見て安いものを探していた。

トータルで7000円くらいした。

私だったら絶対に買わない値段だ。

父親に『結構値段が張るけど大丈夫?』と言うと、

『年に1度の事じゃけん。気にせんで良い』と言われた。

有難く着させてもらうよ。

生地は本当に良い感じで、肌触りが良かった。

きっと、長持ちするだろう。

 

帰り際に、「へちま水」をもらった。

あと、お下がりも・・・。

 

今度はお彼岸の時に会おう。

 

父親へ・・・『今日は、本当にありがとう』

楽しかったよ。

へちま水

2017年8月19日

 

父親から電話があった。『明日は、大丈夫か』と。

私が『うん。大丈夫よ。ちゃんとカレンダーに予定書いてるから』と言うと、

『実はな、今年も「へちま水」を作ったんじゃ。明日持って帰って欲しいと思って用意してるけん。楽しみにしてて』と。

 

父親が毎年「へちま水」を作ってくれる。

1年間持つように大量に作ってくれるのよ。

私の化粧水は、父親お手製の「へちま水」に限る。

肌もしっとりするし、お風呂上りにつけると気持ちいい。

冷蔵庫に入れて保管しているのだ。

夏場は最高に良いよ。

 

この「へちま水」を作るのって大変みたい。

けれど、私が喜ぶから頑張っている気もする。

グリーンカーテン代わりにへちまを植えたことから始まったんだけど、

こんなに重宝するとは思っていなかっただろう。

へちまも食べられるらしい。

私は食べたことが無いけどね。

 

明日は、盂蘭盆施餓鬼会の為に実家に戻る。

朝早く家を出なければならないので、明日の昼御飯の下ごしらえもしておいた。

食べる直前に、長女にお願いして料理をしてもらおうかと思っている。

私は、父親と昼御飯を食べるつもりなので、明日は主人と長女の分だけ用意しておけばいい。

次女は、クラブの応援で朝から出かけてからね。

明日で最終日だ。

引退した選手たちも応援に来ているらしい。

先輩にも会うらしい。

 

連日、お出かけしている次女にとっても「へちま水」は役に立つ。

日焼けした後のお手入れにも効果があるからだ。

 

父親へ・・・いつもありがとう。

病院先で聞かされたこと。

2017年8月19日

 

今朝、お舅さんは友達の車に乗って検診へ行ったのだが、

検診の時に、長女の事で先生から話があったそうだ。

お舅さんが通っている病院で長女の精密検査を受けたからだ。

お舅さん曰く、『俺から何も言わないのに、先生が勝手に話しだしたわ』と。

 

先生の話によると、『どこも悪くない。大丈夫や』と。

 

果たして、本当にそうなのだろうか?

安心させる為に言っているのではないだろうか?

 

私がきちんと結果を聞くまで落ち着いて待っておくわ。

それしか方法はないものね。

予定では、25日に来て欲しいということなので行ってくるわ。

その結果次第で、私の行動も変わってくるだろう。 

異常な疲れでゴロンゴロン

2017年8月19日

 

昨夜、異常な疲れを感じた私は、晩御飯を食べた後横になっていた。

知らず知らずのうちにウトウト・・・となっては起きてTVを見るのだが、

また、知らず知らずのうちにウトウト・・・の状態が続いていた。

そして、気がついたら夜中になっていた。

次女が『ママ、いい加減お風呂に入ったら?それとも疲れているんだったらそのまま寝たら?』と言われて、ガバッと起きあがった。

私の感覚では、まだ夜の10時くらいだと思っていたからだ。

 

暫く鼓動が鳴りやまず、落ち着くまで時間がかかった。

そして、お風呂に入ったわけだが、次女に起こされなかったら朝まで寝ていたかもしれない。

 

次女も、珍しく夜中まで起きていた。

普段なら、遅くても夜の11時くらいには寝るのにね。

次女曰く『全然眠気が来ないから、友達とLINEしてた』と言う。

「今どきの子やなぁ~」って思うわ。LINEをすること自体がね。

夜遅くまでお付き合いしてくれる子がいるわけでしょ?

ある意味心配だけどね。

『LINEする間があったら少しでも寝なさいよ』って言いたくなる。

睡眠は大事だからね。

 

昨日の夕方くらいから、身体に力が入らなくて脱力感があった。

こんな事って珍しい。

気合を入れないと「ガクン」となる位だ。

 

暑さでバテているのかな?

いつまでも若くないんだな。

フト、そんなことを思った。

 

気持ちはいつまでも若いつもりなのに、身体は正直って事だな。

お姑さんとランチ

2017年8月19日

 

今日は、お姑さんと長女がランチへ行くことになった。

 

今日は、お舅さんの検診日。

外で昼御飯を食べて帰ってくるので、お姑さんは『昼ご飯作らなくて良いわ』と言って長女を誘ったわけだ。

お姑さんも、日々お舅さんに振り回されているから、気分転換がしたいわけだ。

いつもなら、お姑さんか私がお舅さんの検診に付き合うのだが、

今日は、お舅さんの友達が『僕連れて行きますわ』と言ってくれたので甘えることにしたのだ。

 

お姑さんとしては、次女も私も誘いたかったみたいだが、家を空けるわけにはいかないし、次女は昨日からクラブの応援で朝から出かけているので無理なのだ。

 

久しぶりに、私は主人と2人で昼御飯を食べるわ。

2人なので、おかずもそんなにいらないから私も楽よ。

 

お姑さんの話によると、近場で明石焼きが食べられるお店があるそうだ。

そこへ長女を連れて行きたいらしい。

長女がガッツリと食べられたらいいのだが、ほとんど食べられない状態にあるので、

量が少なめで楽しめるところを探したみたい。

 

長女の事で気を遣わせているが、家族なので受け入れてもらうしかない。

 

長女も、家でじっとしているよりは外へ出た方が良いだろう。

 

今のうちに、お姑さんと接する機会を多く持った方が良い。

お付き合いは大変だろうけどね。

 

お舅さんの様子だが、最近は『カラオケに行きたいから・・・』ということで発声練習をしている。

喉頭ガンなので思うように声が出せないとは思うが、目標があれば頑張れるものだ。

楽しみがあれば良い。

何だかんだと言いながら、長生きしそうな気がするな(笑)

 

お姑さんとのランチ、楽しんできておくれ。

 

私も気分転換したいなぁ~。