ゆっこのつぶやき

はじめまして、ゆっこです。私目線で思うがままに綴ります。

2時間コース

2019年2月4日

 

昨日、会社の人から電話が入った。

正直出たくなかった。

だって、この人・・・話し出すと長いからである。

しかし、感覚として出なければならないような感じがしたので受話器を取った。

 

『もしもし、○○ですけど・・・』

この言葉を発してからず~と話をしていた彼女。

私は、ただただ話を聞くだけだ。

相当ストレスがたまっているなぁ~と思った。

そして、彼女としては仕事に対する不安を抱えていることも解った。

なので、私はプラスの言葉を探しながら彼女の話を聞き、最後に『飛び越えて難なく行くことを大きく捉えて悩まなくても良いのでは?』と言ってやった。

すると、彼女は泣き出した。

想定内のことだった。

 

普段、彼女は上から目線で話をする。

自分は誰よりも賢くて仕事が出来ると思っている。

しかし、今、会社が大きく変動を起こしているため、彼女としてはなかなか受け入れられない状態にあるのだろうと思う。

仕事の量も増えていくだろうという不安と、自分についてきてくれる人がどれだけ居るか?ということも不安の一つなのだろう。

それに関しても『日頃から努力して目の前にあることをしっかりこなしていけば、自ずと人はついてくると思いますよ。最後は自分を信じるべきじゃないですか?』と言ってやった。

しくしく・・・を通り越して嗚咽し始めた。

 

私の言葉が、心に響いてくれたのであれば嬉しい。

私が、仕事復帰した時に(するかどうか解らないが)彼女の成長ぶりを見てあげたいな。

 

人一倍努力する人だから、きっと大丈夫だろう。

 

強いて言うなら、もう少し謙虚になって笑顔で接するべきだろうな。

気持ちが顔に出過ぎである。

接客業なのだから、ここは直すべきだろう。

お花、買ったよ

2019年2月4日

 

昨日、4階のベランダに欲しいなぁ~と思っていたお花を買った。

寒さに強い「ジュリアン」というお花である。

 

ずっと欲しいなぁ~と思いながら、自転車に乗って買う機会を失っていた。

近場にお花屋さんがないからさ。

 

昨日は、足の調子が良かったので、4ヶ月ぶりに自転車に乗って15分ほど行った場所にあるお花屋さんへ行った。

途中、痛みがきつくなり投げ出しそうになったけど、なんとか耐えた。

 

お花を見た途端テンションが上がった。

好きな物を見ると、しんどいことも忘れるなぁ~と感じた瞬間だ。

 

1株140円ほどしたのだが、プランターに植えられるだけの「ジュリアン」を買ってきた。

赤・黄色・ピンク・紫・白・オレンジの6色だ。

 

夜から雨が降るという天気予報を信じて、プランターに「ジュリアン」を植えた。

良いタイミングで雨が降り出した。

水道水も良いけれど、自然の恵みを受けた方が良いはずだ。

 

今朝、ベランダに出て「ジュリアン」を見ていた。

一気に雰囲気が明るくなったわ。

これで、私の気持ちもUPしそうである。

MRI検査

2019年2月3日

 

実は、年末に私はMRI検査を受けた。

 

その結果が1月4日に解った。

 

ずっと足の痛みがあったわけだが、その原因は背骨の変形・腰の神経がやられていること・そして股関節脱臼である。

医師曰く『この状態で立ち仕事は厳しいですね。今すぐ手術とは言いませんし、リスクも高いのでお薦め出来ません』と。

 

これが今の私である。

 

今、右半分が痺れていて思うように動かないわけだ。

 

ブログ更新も、指が覚えているから打てるわけである。

 

少しずつ、自分の身体と向き合って行動したいと思っている。

 

仕事・・・どうしようかな?

お舅さん、突然の他界

2019年2月3日

 

実は、昨年の12月23日に突然他界した。

83歳だった。

 

倒れる前日までカラオケに行き、好きな肉を食べていた。

まさか・・・ね。

 

暫く、その状況を受け入れることが出来なかったわけだが、ようやく遺留品の整理をしているうちに、少しずつ「お義父さん、いないんだなぁ~」「いつも、私の仕事の具合を見ながら『今日はクリーニングお願いして良いか?』と訪ねてきていたよね」など思うようになった。

 

お姑さん曰く『1年ほど前から「しんどい」と言っていたんだよね。亡くなる1ヶ月ほど前から自分で「死」を覚悟していた感じで、「ギリギリまで頑張る。誰にも迷惑をかけないように死ぬ」と言っていたんだよね。その通りになったわ』と。

 

お舅さんは、家族に迷惑をかけないように死ぬ努力をしていたのかもしれない。

 

なんだか不思議だな。

 

私は、お舅さんの最期を見届けた。

主人は間に合わなかった。

娘たちも駄目だった。

昏睡状態に陥っていて意識はなかったけど、『お義父さんありがとう』と話しかけた。

すると、目を動かしていた。そして涙を流した。

私の言葉を受け止めてくれたのかな?と思っている。

 

葬式は、家族葬にした。

それを生前から望んでいたからね。

気を遣わなくてすんだ。

今の葬式は、こんな感じで済ませる方も多いようだ。

私の母親が亡くなったときもそのようにした。

ただ、母親は10人兄弟だったので、家族葬にしても人数が多かった。

気を遣ったわ。

 

家族が一人減ってちょっと寂しい年末年始を迎えたわけだ。

年賀状も買ってきて、さて・・・と思ったら亡くなったので、急遽喪中葉書に変更して慌ただしく年末年始の挨拶を控えるという内容を綴って送った。

その後、私の友人や親戚から『もう、年賀状出してもうたわ~。御免』というメールがじゃかじゃぁ来たんだけど、『良いよ。年賀状が来ない年明けは寂しいから嬉しいよ』と返信しておいた。

 

我が家は、男1人(主人)と女4人(お姑さん、私、娘たち)になった。

 

新しい環境で、今年1年頑張ろうっと。

お久しぶりです

2019年2月3日

 

今日は節分だね。

夜には、手巻き寿司を用意して一年間の厄払いをしたいところだ。

 

なかなかブログ更新出来ないまま日々が過ぎていた。

やっと、新しいパソコンで更新することが出来る。

古いパソコンは、近々処分するつもりだ。

きちんとファイル保存して、初期化してからでないとね。

 

やっぱり新しいパソコンだと、更新するのに時間がかからない。

サクサク動く。

これが本来の姿なんだよね。

ストレスもたまらずにすむわ。

 

実は、2月1日から休職している。

会社の方には、1ヶ月間をめどに・・・としているが、正直どうなるか分からない。

心と身体のバランスがとれていないからね。

会社には、『お舅さんの遺留品の整理整頓』としている。

昨年の12月23日に他界して、今月の9日で四十九日を迎える。

早いなぁ~。

日々、お姑さんと相談しながら片付けに終われているのだが、暫くかかりそうだ。

先日は、靴を70足捨てた。

そして、昨日は、資源ゴミにお舅さんが着ていた服をたくさん捨てた。

新しい服や、クリーニングに出している服できれいなものはお舅さんの知り合いや、実家の弟にあげたりして少しずつ片付いている状況である。

お舅さんは、靴や服が大好きな人で、しかもブランド物ばかり購入していた。

私の感覚だが、生きている間に2000~3000万円くらいは使っていただろう。

お姑さんが『この服・・・本間に・・・見ているだけで腹立つわ~。ここに使ったお金の事を考えているだけで涙出るわ。もったいない』と言ってぼやく訳だ。

ハッキリ言って、使ってこそ価値があるわけで、使わなくなったらただのゴミである。

その処分だけで時間もかかる訳よ。

暫く、お姑さんのぼやきが続きそうだ。仕方が無い。

 

明日から、気持を切り替えて前向きに歩もうではないか。

洗い場のおばちゃん、復活~

2018年10月19日

 

足の痛みが発症してから仕事を休んでいた。

 

昨日、復活した。

 

暫くは、シフトの方も調節してもらって、元気になったらガッツリ働く方向で検討中だ。

 

みんなに『待ってたよ~』と言われて嬉しかったな。

 

ただ、いつまで働くことが出来るのか?正直不安を抱える。

足の痛みがきつくなるようであれば仕事に差し支えるしね。

特に、飲食店は『早くして』と言われることが多いので、動く量もスピードも速くしないと間に合わない。

長期間、ここの会社で勤め続けることは難しいだろう。

 

私的には、ちょっとこのような状態になるのは早すぎないか?って思う。

60代後半くらい発症したなら何とか受け入れられるけど、まだ40代だよ。

きついわ~。

 

昨日、久しぶりに洗い物をして楽しかった。

今日は休みを頂いた。

明日から暫く頑張るつもりなので、今日は身体を休めて明日に備えたい。

まだ、古いパソコンで・・・

2018年10月19日

 

気が付いたら、1ヶ月以上も更新していなかったな。

 

実は、体調不良で思うように身体が動かなかったのだ。

 

今、何とか動けるようになった。

 

身体の一か所が駄目になるだけで、何もかもが駄目になることを感じた。

 

今回、足の痛みが発症した。

8月頃からヤバいなぁ~と感じていたのだが、7月に無理をしたせいだろうと高をくくっていた。

しかし、1ヶ月経っても治る気配はなく、段々ひどくなるばかりでしぶしぶレントゲン撮影をしに行った。

すると、予想もしなかった病名が告げられた。

『先天性股関節脱臼です』と。

思わず「えっ?」と言ってしまった。

 

そうだったのか?

私の身長があまり伸びなかったのも、ちょっと歩きすぎると股関節が痛くなって難儀していたのもこのせいだったのか?と。

確信してしまった。

 

先生に『これからどのように生活すれば良いですか?』と聞いたら、『筋肉をつけるストレッチをしないと駄目ですね。骨を守るためにね』と。

 

年齢的にも、今後骨が変形する場合があるそうだ。

そうなると手術しか方法が無いらしい。

5年をめどに考えようとの事だった。

 

今まで立ち仕事は平気だと思っていた私だが、完全に駄目じゃんって。

酷いなぁ~。

 

今、ようやく動けるようになったけど、それまで布団の住人状態だった。

とてもじゃないけど歩けない状況だった。

じっとしていても痛むし、寝られない位激痛が伴った。

段々、胃痛もひどくなり御飯も口に出来ない状態に陥り気力が無くなってきた。

生きているのも嫌になった位軽いうつ病にまで発展した。

 

まだ、私の場合はケアストレスカウンセラーの資格を持っているから何とか解消出来る方法を実行する事で回復する事も出来たけど、病気との闘いってこれだけ大変なのかと思ったな。

 

嫌な爆弾を背負ってしまった私だが、前抜きに捉えて無理をしない生活を送りたいと思う。

 

そんなわけで、まだ新しいパソコンを起動させていないのだ。

時間を見つけてゆっくりと設定したいと思う。