ゆっこのつぶやき

はじめまして、ゆっこです。私目線で思うがままに綴ります。

火災

2019年7月19日

 

昨日、京都で大変大きな火災が起きた。

 

アニメーション製作所だという。

 

有名な「けいおん」などを制作していると聞いている。

 

私は、アニメーションのことはさっぱり・・・という位興味が無いので、正直ピンとこないのだが、世界でも有名なアニメーション製作所だというので、火災の報道は世界でも行われたようである。

 

犯人は、今意識不明だという事だが、何故このような行動を起こしたのだろうか?

目撃者の話によると「恨み」による犯行だろうというのだ。

 

人の気持ちは、コロコロと変動する。

物事に対して、人によって捉え方も違うし処理の仕方も違う。

今回、『暴走』という形で行動に出た犯行であると思われる。

33人も死者を出して、テロと同じような行動をして・・・誰にも被害を加えずに『暴走』するのであればまだしも、関係の無い人まで巻き込む必要性は無いだろう。

 

亡くなられた方々のご冥福を祈ると同時に、亡くなられた方々のご家族の心の傷が少しでも癒やされる日が来ることを願いたい。

残された従業員の方々の傷もかなり深いと思う。

 

本当に、酷い。

許される行動では無い。

自分の行動を認め、しっかり反省をして、一生かけて償って欲しいと思う。 

それしか言えない。

次女、貧血

2019年7月19日

 

夜中、次女が貧血を起こした。

実習が終わって、お迎えに行ったときはまだ大丈夫だったのだが、

生理が始まって、どんどんきつくなってきたのと同時に貧血症状が出始めた。

 

呼吸困難に陥り、頭痛と腹痛が起きて苦しみ出す次女。

前兆があれば、薬を飲んで対応できるのだが、今回はいきなり生理が来て(前兆が無かったらしい)「おかしいなぁ~」と思った地点で『息が出来ない』と言うのが精一杯だったようで、その後過呼吸になっていた。

 

何度もこのようなことが起きているので、私的には『又、始まったか』という感覚ではあるが、その度に私は薬師如来さんの真言を唱える。

(実家が真言宗なので、このような言葉は知っているのである)

『オンコロコロセンダリマトオギソワカ』と言いながら、次女がしんどいと思うところに手を当てて呟く。

私の感覚だが、薬師如来さんに来て貰って(私の身体を通して)次女の症状を改善して貰いたいという気持ちで、このような行動をしているのである。

今回は、1時間ほどで症状が軽くなったが、完治しているわけでは無い。

結局、次女が寝入るのを確認し、私は夜中2時まで起きていた。

そして、5時前には起きて次女のお弁当作りと朝食の準備をした。

次女を6時に起こして症状を聞いた。

『まだ、呼吸が上手く出来ないけど、休むわけにはいかないし、実習もあるから頑張る』と言って、ゴロゴロしながらも15分ほどで起きてきた。

食事がきちんと出来ない状態なので、取り敢えずオレンジジュースを(100%)飲んで貰って、痛み止めの薬を服用して貰った。

 

心配だけど、7時半過ぎに玄関で見送った。

今日もお迎えに行くので、何とか頑張って貰いたい。

今日で、学校の授業も終わり、明日から夏休みに入る。

実習に集中すれば大丈夫だろう。

 

ここの所、企業説明会とか実習とかアルバイトやお付き合いなどで外出することが多いので、その疲れもあるのだろうと思う。

決して丈夫では無いからね。

次女の場合は、気力で乗り切るところがあるのだ。

 

今日も無事に過ごせることを祈ろう。

 

ちなみに、今日のお弁当は、雑穀米の上に梅干しを乗せたものと、ほうれん草と卵のサラダと、海老のケチャップ炒めと、グレープフルーツである。

食べられるかな?

工事、終了

2019年7月19日

 

昨日、やっと我が家の修繕工事が終わった。

ホッとしたわ。

 

現場のおじちゃん。8時間頑張ったよ。

お疲れ様。

 

後日、工事代支払うのでそれまで待ってて欲しい。

お舅さんが残してくれた貯蓄から支払うことにした。

よくぞ、残してくれたよ。

工事、第2弾

2019年7月18日

 

今日は、朝から我が家の修繕工事が始まっている。(8時からスタート)

なので、私は家から出られない。

工事をしている側でブログ更新をしている最中だ。

かなり音がうるさい。仕方ない。

 

今日で何とか終わりそうだ。

やれやれ・・・。

口腔の中に出来る血豆

2019年7月18日

 

疲れが蓄積すると、口の中に血豆が出来る。

昨日は、舌の縁に1つと、内頬に2つだ。

誤って、噛んだときに出来る人は多いかと思うが、そうではない。

感覚としては、ニキビが出来る時と似ているかな?

内側から押し上げてきた物がニキビになるか?あるいは血豆になるか?という位の違いで。

仕事をしていたときは、毎日どこかしら出来ていた。

仕事を辞めてから出来る回数は減ったものの、これも持病の一つなのだろうか?

 

ここの所、睡眠時間が平均3~4時間である。

明らかに寝不足が続いているから、免疫力が落ちているのだろうと思う。

若いときは、一寸横になれば回復するが、50歳手前になるとそういうわけにはいかないようだ。

その上、家の用事に追われていて動き回っている。

足が思うように動かないから、余計な動きも加わっている。(身体の負担が増える)

 

最近は、体調不良を楽しむようにしている。

でないとやってられない。

主人に『身体の声を聞く練習や』と。

そうなんだよね。私、聞かないもん。

身体が『しんどい』と訴えていても『気力で乗り切る』と言い聞かせたり、あるいは『もっと過度な動きをしている人もいるのに、私はまだまだ楽な方よ。怠けちゃいけん(駄目)』とモチベーションを上げることを考える。

多分、小さい頃から母親に『しんどい』と訴えても『気の問題や。その位では死なん』と厳しく言い聞かされていたせいだろう。

熱が40度くらい出ても『学校へ行ってこい。甘えるな!』と言ってフラフラになりながら行ったこともある。その様子を見ていた学校の先生が『休ませてあげて下さい』と母親に注意していたのを思いだす。

母親の言う事は絶対・・・というものが私の脳裏に焼き付いているので、大人になっても取れないわけだ。言う事を聞かないと手を上げていた人だったしね。

私も、今で言うAC(アダルトチルドレン)なのである。

これは、カウンセラーを長年受けて少しずつ外していかないと駄目みたいだが、今更外そうとは思わない。

受け入れることで、ありのままの私でいる方が良いなぁ~と、ようやく思えるようになったわけだ。

これも、ケアストレスカウンセラーの資格を持ったからこそ胸を張って言えるのである。

 

主人も、その事を分かっている。

私の顔色を見たらしんどいのが分かるみたいで『今はバケーションを楽しむ時や』と言ってくれる。

その度に『もう、充分楽しんだ。そろそろ仕事がしたいわ』と言うと、『たまには俺の言う事も聞けよ!』と怒られる訳だ。

 

足の痛みが酷くなっても、血豆の数が増えても、家にいる方が返ってストレスが溜まる。

気分転換させて欲しいなぁ~。

 

今日は、呼吸を整えてストレスを感じない様なトレーニングをしようではないか。

お弁当

2019年7月18日

 

今日は、久しぶりにお弁当を持たせた。

木曜日は、授業時間が多くて、教科書もたくさんある。

なので、いつもなら『おにぎりで良いわ』と言ってくれるので私的には楽をさせて貰っているのだが、今日は『夜も出かけるから、さすがにコンビニの物ばかり食べているのは良くないよね。お弁当作り大変?』と聞いてきたので、『良いよ。用意するよ』と言うと、『助かるわ~。毎日コンビニで買い物してたらお金もどんどん無くなってきて厳しいわ~』と言うので、『そうそう、一寸した出費が嵩むと気がついたらお金が無かったりするのよ』と言うと、『そうなのよ。お付き合いでジュースとかお菓子とか買ってたらね~』と。

『今日は、お弁当だから助かるわ~。夜ご飯の分は小遣いから出すから大丈夫よ』と言う次女。

 

人付き合いが多い次女にとっては、小遣いのほとんどがお付き合いで消えていく。

今、アルバイトをしているから私に『昼ご飯代ちょうだい』とか『夜ご飯代ちょうだい』とか言わなくなったけど、高校生の時は本当に大変だったよ。

一回につき500円とか1000円とか渡すのだが、回数が増えると家計の負担も増えた。

 

22日から夏休みの入る次女なので、『良かったら明日もお弁当用意しようか?』と言うと、『そうして貰えると嬉しいな』と言うので、明日も用意することになった。

 

さて、明日のお弁当のおかずは何にしようかな?

この時期のお弁当作りは気を遣う。

今日は、朝4時半に起きて仕込んだわ。

予定外だったから、お弁当に入れるおかず作りをするために早起きをしたのだ。

いつもお弁当作りをしていたら、お弁当用のおかずを夜ご飯のついでに作っておくのだが、それをしていなかったからね。

(寝る前に『お弁当作り大変?』って言われたから)

 

今日のお弁当は、白ご飯の上にゆかりをかけたものと、人参とピーマンのカレー粉炒めと、肉団子の甘酢と、卵焼きと、レタスである。

2段弁当にしたよ。

 

今朝、次女が起きてきて、早速お弁当を覗いた。

『良いね~。昼ご飯楽しみ~』と言って、朝食を口にした。

 

今日も、夜帰りが遅くなるのでお迎えに行くことになる。

体力残しておかなくてはね(笑)

鰯の煮付け

2019年7月18日

 

昨夜、お姑さんが買ってきた鰯を新鮮な内に煮付けにした。

 

下処理するのに15分かかった。

だって、30匹もあったんだもの。

お店で下処理をしてくれるところもあるが、鰯そのままの姿である。

それにしても『家族5人でこんなに食べるか?』と突っ込みそうになったわ。

 

今回は、山椒の実を入れて作った。

「母親直伝」と言ったところだろうか?

大概、魚の煮付けには必ず・・・という位山椒の実を入れて作っていたので、私も真似をしているわけだ。

その山椒の実は、5月にならないと手に入らない。

なので、大量買っておいて冷凍保存するのがゆっこ流である。

なかなか良い感じに仕上がった。味見をしたが美味しいわ。

お姑さんに5匹渡した。残りは、タッパーに入れて保存しておいた。

作りたてよりも次の日が美味しいので(冷めたときに味が染みこんでくるからね=煮物は次の日が美味しい)、今日の昼ご飯に食べて貰ったら良いかと思う。

 

海老の方は、天ぷらにして欲しいというので、作りたてのものをお姑さんに渡そうかと思っている。天ぷらは熱々が美味しいからね。

 

お姑さんが、昨夜長女に手渡したものがある。

油染みが出来た新聞の切り抜きだ。

長女曰く『綾ちゃんがさ~(お姑さんのこと)「今、色んなものが食べたいねん。その中で面白そうなお寿司のレシピがあったから持ってきた」って言って来たわ』と。

長女は、大のきれい好き。

というか、潔癖症なので、この油染みが出来た新聞紙を触るのも嫌がる。

汚れていない部分をかろうじて持って私に渡してきたわけだ。

 

確かに、この油染みは酷い。

「どうやったらこんな風になるのだろうか?」というレベルである。

肝心なレシピが見えにくい。

まぁ~、雰囲気だけは分かるので、時間のあるときに長女と一緒に作っても良いかもしれない。

基本、寿司飯を用意してその上にトッピングをする技術さえ分かれば楽しめるだろう。

 

それにしても、色んなものが食べたいというのは、胃腸の調子が悪くなる前兆である。

こういうときこそ、控えめな食事をした方が良い。

胃腸が弱いお姑さんだからね。

 

その面では、昨夜作っておいた鰯の煮付けは良いと思う。

 

天ぷらは、様子を見計らいながら作ろうではないか。

(場合によっては、海老を冷凍保存しておいた方が良いかもね)