ゆっこのつぶやき

はじめまして、ゆっこです。私目線で思うがままに綴ります。

野菜の高騰でやりくりが大変

2018年2月15日

 

今、野菜が高くて苦労している。

食卓に野菜を出したくても出せない状態にある。

 

スーパーへ買い物に行っても、白菜1玉1000円くらいするし、

キャベツ1玉400円したり、ホウレン草や小松菜にしてもちょっとしか入っていないのに200円するしね。

 

欲しいと思った野菜を後先考えずに買っていたら、エンゲル係数が上がって仕方がない。

収入が少ないのに、思うがままに買っていたら破綻する。

 

実は、先日体調不良で私が寝込んでいた時、主人やお姑さんが買い物へ行ってくれるのだが、恐ろしいくらい高いものを平気で買ってくるわけだ。

1回の買い物につき5000円くらい使ってくるからもう頼めないと思った。

なので、しんどくても私が買い物へ行ってやりくりをしていたわけだ。

『無理するな。俺が行く』と主人が言ってくれるのだが、お金がどんどん無くなっていくほうが怖い。

 

まだ2月半ばだというのに、もう10万円以上使っている。

あと半月をどうやって過ごすか?頭を抱えているところだ。

 

「うかうかと病気なんかしてられない」と思ったゆっこである。

仕事の依頼、少なし・・・

2018年2月15日

 

今月は、仕事の依頼が少ない。

そのほうが良い。

まだ本調子ではないからだ。

2月は寒いから、じっとされているのかな?って思う。

 

私たちケアストレスカウンセラー士が恐れているのは春先だ。

ちょっと元気になった時に、思いもがけない行動をする人が多いからだ。

しんどい時は行動する気持ちすら起こって来ないけど、

『動きたい』という気持ちが発動した時に、今までの反動がとんでもない行動に出てしまうわけ。

変な話、自殺行為をする人は春先が多い。

ちょっと元気になって動けるようになったときに、『このタイミングで・・・』と思う人が多いというデータが出ている。

 

明日、職場を退職する子から依頼が来ている。

大学4回生で女の子なんだけど、飲食店の朝食担当のアルバイトとしていたようだ。

『就職先が決まったのだが不安で仕方がないから話がしたい』ということだ。

長女と1歳しか変わらないので、娘みたいな感覚で話が出来れば嬉しいな。

関西の子なんだけど、関東のほうへ就職が決まったので言葉の壁とかも気にしているみたい。

 

若いうちは、苦労したほうが良い。

いろんな経験を乗り越えて成長して欲しいなぁ~って思う。

決して無駄にならないからね。

 

依頼が来てから、○○地区で働いていたことを思い出せるようなグッズをプレゼントしようと思ってとある店へ足を運んだ。

あまり高いものをプレゼントすると気を遣うだろうと思って、○○地区を強調出来る「メモ帳」と「あぶらとり紙」を買った。

喜んでくれるかな?

 

明日、気持ちいい空間で話が出来て、不安を取り除いて上京出来れば良いなぁ~と思っている。

有賀さつきさん

2018年2月15日

 

先日、有賀さつきさんが亡くなったということを知った。

 

まだ52歳という若さだ。

 

娘さんは15歳で、受験のことも気にされながら他界されたのかな?って。

 

病名は公表されないようだが、かなりしんどかったのかな?って思う。

昨年、とある番組に出演されていたときに拝見したが、雰囲気が変わったなぁ~という印象があった。

その時にはすでに病魔と闘っていたようだ。

家族に告げず、一人孤独に頑張るなんて・・・私には出来ないな。

黙っていられないもの。

家族に告げて、ブログで公表して、自分が亡くなるまで綴る・・・みたいなことになりそうだ。

 

改めてご冥福をお祈りいたします。

TVはオリンピックムード

2018年2月15日

 

今日でオリンピックが開幕してから7日目を迎えたそうだが、まぁ~私が興味を持って観るのはフィギュアスケートくらいかな。

気になっているのは羽生結弦選手の事くらいで、怪我のほうは大丈夫かな?と心配になる。

日本にとっては期待の星だからね。頑張って欲しいな。

あとは、正直興味がないのでTVを見ても面白くない。

ここのところ、家族でラジオを聞いて過ごしている。

TVを見ない日があるのも良いものだ。

 

ラジオに耳を傾けていると、言い間違いをしていることが多いことに気づく。

天気予報にしても、ニュースにしても明らかに違うだろうということがあるし、

一番びっくりしたのは時間を間違えることだ。

間違えていることすら気づいていない感じで、番組が普通に進行されているので指摘したいなぁ~と思うことがある。

 

私がよくラジオを聞いていたのは中学生の時。

特に、受験の時はラジオ局のイベントで受験生を対象にして神社などにお参りしたお守りを届けてくれるというものだ。

すがる思いで申し込んで、お守りが届いたことがあった。

受験当日は、そのお守りをもって臨んだことが懐かしい。

 

家族で『早くオリンピック終わらないかな?』という話をしている。

特に、今回のオリンピックは盛り上がりがないように思うのは私だけだろうか?

思わず、2020年の東京オリンピックは大丈夫だろうか?という不安を抱えてしまう。

 

選手として選ばれた人たちは、日本という国を背負って戦うわけだから大変だと思うが、ただただベストを尽くして欲しいと思うだけだ。

 

今の所、金メダルは1つもない。

ちょっと寂しいね。

やっと更新出来るっ~(笑)

2018年2月15日

 

2月3日からずっと寝倒していた私。

熱のアップダウンを繰り返していたからだ。

インフルエンザでは無かった。

生まれて初めてインフルエンザの検査をした私。

結構痛いんだね。

娘たちから『気持ち悪いし、痛みを感じるよ』と聞いていたのだが、まさにその通りだった。

 

それにしてもしつこかった。

参った、参った。

 

結婚して23年になるが初めてのこと。

さすがの主人も動揺を隠せなくて・・・心配掛けてしまった。

今はすっかり元気になった。

 

実は、只今次女がダウン中。

12日から熱を出しているのだ。

私と同じで、熱のアップダウンを繰り返している。

これがかなりしんどいのだ。

 

3月1日に高校を卒業する次女。

それまでに何とか治って欲しいと願うだけだ。

 

今年の風邪はなかなか手強い。

みなさん、気をつけてね。

39.2度

2018年2月3日

 

昨日、39.2度まで体温が上がった。

きつかったぁ~。

 

結婚して23年になるが、こんなに体温が上がった事はない。

38度以上出た事が無い。

独身の頃でも、こんなに体温が上がったのは扁桃腺の熱以来だよ。

小さい頃は、しょっちゅう出していたけど(40度超える)

大人になってから無いものね。

 

インフルエンザ、疑った方がいい?

 

今、体温が33,6度しかないんだけど、それでもインフルエンザを疑った方が良い?

 

家族からは『病院へ行け!』と言われているんだけど、元気だから行く気が無いわけよ。

 

知恵熱だったら笑うね。

KY(周りの空気が読めない人)

2018年1月28日

 

先日の話になるが、24日にクライアントと話をした。

その人は、飲食店の洗い場&調理補助をされている方だ。

厨房の人で、忙しくしているのにも関わらず用事を頼んでくる人がいるそうだ。

基本、クライアントは洗い場のおばちゃんとして雇われた人なので、調理補助をする必要性はないとの事。

しかし、厨房の人は自分の仕事である用事を押しつけて、しかも自分の思惑通りに仕事が出来ていなかったら怒鳴るそうだ。

洗いものがどんどんたまってくるから、洗いものをしていると『そっちはどうでもいい。こっちが優先や!』と怒り出し、参っているという事だ。

 

話を聞きながら、必ずこのような人って職場にいるなぁ~と思った私。

自分がしたくないような仕事や苦手な仕事を他の人に押し付けて、肝心の厨房の人は洗い場のおばちゃんがしている行動を逐一チェック入れているみたい。

嫌な人だわ。

私も、こんな人は苦手だ。

 

話によると、その厨房の人は途中採用で割と年齢がいっているそうだ。

他の職場で経験しているから・・・という事で、自分は仕事が出来る人だと思っているらしい。

それを、部下に教えているという風に思っているらしいが、ハッキリ言ってご迷惑な話だよね。

『他にも、若い厨房の子が数人いるのだから、その子たちに仕事を教えたら良いのに・・・』と、クライアントはぼやいていたわけだ。

 

私に話を聞いて欲しいと思って予約されたわけなので、『この話に関しては私がとやかく言うわけにはいかないと思います』と告げたうえで、私の意見を言わせてもらった。

ハッキリと、『「私は、洗い場専門で雇われたので、時間に余裕のある時以外は手伝う事が出来ません」というか?「料理長に今の現状を告げたうえで、改善してもらうようにお願いするか?」のどちらかでしょうね』と言うと、

『それが出来るのであればとっくにしています。無理だから相談に乗っているのに・・・』と、ちょっとクライアントの怒りを感じたので、『出来ない理由は何ですか?何かを恐れているのですか?』と言うと、『私がこのような発言をしたことでクビになるのが怖いのです』と。

私が『なるほど・・・。しかし、このような発言をしてクビになるような現場でしたらさっさと退職された方が良いのではないでしょうか?筋が通っていない職場にいる事自体がおかしい事ではないでしょうか?勇気を持って発言しない事には改善もされないと私は思うのですが?』と言うと、黙っていた。

 

どこの職場でも、おとなしい人は我慢の連続なのかもしれない。

言いたい事が言えず、ストレスを抱えながら仕事をしているのかな?って思うね。

果たして、そんな状態で良いのだろうか?

 

仕事に対して思うのは、大変な仕事であっても楽しいことであれば続けられると思うのだ。

なかなか、そのような職場を見つけること自体難しい世の中なのかもしれないが、出来ればその状態から脱出して欲しいなぁ~って思うね。

 

私も、独身の頃は社会人として6年間働いてきたし、1年前は飲食店の洗い場のおばちゃんとして働いていた。

ボランティア活動もしているので、少しは世の中の事を色んな人の話を通しながら感じる事はある。

 

職場には色んな人がいる。

いち早く、従業員たちの特徴をつかんで接していけるように努力するのが一番なのかもしれない。

 

クライアントさん・・・決断は如何に?